「Z」の向こう側へ…!Googleスプレッドシートであっという間に列を追加する裏技!

ツール

「え!? 列って”Z”までで終わりっ!?」

スプレッドシートを使っているといつも気になるのが、「列の不足」。
”行”
はページをスクロールすることで延々と追加できるのですが、”列”は「Z」で終わってしまってそれより奥に行けません。

 

「無料だからそんなもんか…」

と諦めてましたが、いやちょっと待て。
これExcel(エクセル)と同じ方法で列追加できるんじゃないの、奥さん?

ということで、試してみたところ…

ふっふっふ…。
できましたよ…!!

めちゃくちゃ簡単に列を追加することができました。
なんで今まで気づかなかったんだろ。

ということで、今回は「Googleスプレッドシートで列を増やしてみたっ!」というお話。
僕と同じように、スプレッドシートで列を追加できなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいっ!

 

 

Googleスプレッドシートで列を追加する方法

方法としてはざっくり2パターンあります。

  1. 1列だけ追加する
  2. まとめて列を追加する

 

1、1列だけ追加する

まず、どこでもいいので列をひとつ選択します。

そして右クリックし、『1列を左に挿入』or『1列を右に挿入』を選択。

これだけです。
“Z”の右側を確認すると、”AA”が出現。
列が増えているのがわかります。

 

2、まとめて列を追加する

「めんどくせぇ!まとめて列を追加してぇんだ、俺は!」

お任せください!
まとめて追加する方法もちゃんとあります。
やり方は超簡単です。

スプレッドシートの一番左上をクリック。
すると全部のシートが全選択されます。

画像からは少しわかりにくいですが、全てのシートが選択されている状態です。
そしてそのまま右クリックし、『26列を挿入』を選択。

そうすると26列分が追加されます。
列の一番右まで確認すると”AZ”まで表示されていますね。

さらにまとめて列を挿入する方法。
もう一度同じ手順を繰り返すことで、『26 ➡︎ 52 ➡︎ 104…』というように、追加する列を倍増させることも可能です。

 

 

まとめっ!

無料のツールとは思えないとっても便利なスプレッドシート。
列が追加できるとできることも大きく広がります。

ぜひ一度試してみてください。

コメント