【薄毛対策】30代必見!ハゲない髪の洗い方を徹底解説!今日から実践であなたもフッサフサ!

髪の毛

「あれ?最近ちょっと薄くなってきてるような…」

年齢を重ねるにつれ、徐々に寂しくなっていく頭皮環境。
多くの男性の悩みのタネになっている「ハゲ」の2文字。

30代になった僕にとっても、決して人ごとではありません。

「できるだけ早いうちに対策をせねば…!!」

というわけで、「育毛・増毛・発毛」に関して情報を収集。
インターネットだけではなく、以下の書籍も購入して徹底調査。

世界一簡単な髪が増える方法

育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなるすごい方法

こういう場合の情報は、インターネットよりも本に限ります。
情報の信頼性が格段に高いですしね^^

本を読んでみてわかったことですが…
結論からいうと、高い育毛剤や発毛剤を使わなくても、髪の毛は増やせそう…!!

ということで、今回は「ハゲない髪の洗い方」についてご紹介!
正しい髪の洗い方を知ることで、頭皮環境は劇的に改善します!

それでは、まいりますよっ!

 

1.シャワーヘッドを変えよう!塩素で頭皮環境が悪くなる!?

まずはじめに、シャワーヘッドを変えましょう。
「塩素」フィルターを設置して、塩素を除去するため
です。

日本では、水道水の中に一定以上の塩素を入れることが義務付けられており、この塩素が頭皮環境を悪化させる原因になっています。

しかもややこしいことに、この塩素、髪の毛や頭皮への吸収率が抜群なのです。

頭皮を畑として例えると、毒性の強すぎる農薬を撒き散らしているようなもの…。
これでは、いくら髪の毛を増やしたくても増えません。

でも、ご安心ください。
塩素を取り除くのは超簡単。
すでにお伝えしたように、シャワーヘッドを変えればいいだけ

それほどお金もかからないので、これはぜひ実行してください。

ちなみに僕はAmazonで、以下のシャワーヘッドと塩素除去フィルターを購入しました。

■シャワーヘッド

■塩素除去カートリッジ

上記の商品であれば、交換目安は4ヶ月に1回ほど。
(僕は朝も夜もシャワーを浴びるので、2ヶ月に1回交換しています)

コスパもよくて、オススメですよっ!!

 

 

2.シャンプー選び!「正しいシャンプー」「NGなシャンプー」とは?

シャワーヘッドと塩素除去カートリッジを設置できたら、次は正しいシャンプー選び

毎日利用するシャンプーの選択をミスると、育毛はうまくいきません。
頭皮環境に優しいシャンプーを選ぶ必要があります。

シャンプー選びの基準ですが、「透き通っているかどうか」で選んでください。

透き通っていないシャンプーは、合成の界面活性剤を利用しており、発がん性があったり、発毛障害があったりで、毒性の強い成分が使われている可能性が高いです。

これ、頭皮環境を考えるとあまりヨクナイ…。

透き通っているシャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸系の界面活性剤を使っているシャンプーが多いので、ちゃんと透き通ってるシャンプーを選んであげてくださいね。

…ハゲますよ。

ここからは補足です。
基本、透明なシャンプーなら大丈夫ですが、下記の成分表記のあるシャンプーは避けましょう。

  • 「○○硫酸」
  • 「オレフィンスルホン酸Na」

逆に、下記の成分表記が確認できれば、アミノ酸系のシャンプーだといえます。

  • 「ラウロイル○○」
  • 「ココイル○○」

以上の情報を元に、僕はこのシャンプーを選んで使っています。

金額もそこまで高くないし、これまでのすべての条件を満たしているので、オススメです。

ちなみに、リンスやコンディショナーはあまり頭皮環境にはよくないらしいので、一切使っていません。
基本的には避けたほうがいいでしょう。

 

 

3.髪が増える洗い方!3つのSTEPで髪を洗う。

ここからが髪の洗い方です。
髪を洗う際は、次の「3つのSTEP」で洗っていきます。

  1. お湯で流す
    >ほこりや汗を流し、毛穴を開かせる
  2. 1度目のシャンプー
    >汗や皮脂、汚れや雑菌を洗い流す
  3. 2度目のシャンプー
    >頭皮マッサージ

 

1,お湯で流す

まずは、髪の毛のほこりや汚れをお湯で洗い流しましょう。
「ざっと流す」のではなく、割としっかりめに洗い流すのがポイントです。

シャンプーを使って洗う時に泡立ちがよくなるうえ、毛穴も開くので、ゴシゴシ洗わなくてもよくなります。
(ゴシゴシ洗うと頭皮に強い刺激を与えてしまうので、ヨクナイ)

ちなみに、シャワーの適温は「37〜39℃」
熱いと皮脂が取れ過ぎてしまうし、冷たいと今度は余分な皮脂が残ってしまいます。

温度に気をつけてくださいね。

…ハゲますよ。

ちなみに、僕は42℃くらいの熱めのシャワーが好きなので、ぬるめのシャワーは結構苦痛…orz
なので、髪の毛を洗うときだけ水温を調整するようにしています。

 

2.1度目のシャンプー。

シャンプーは「2度洗い」が基本です。
1回目のシャンプーの役割は、「汗や皮脂、汚れや雑菌を取り除くこと」

洗いムラができないように、手のひらでしっかり泡立ててから頭を洗っていきます。
このとき、「指先でゴシゴシ」ではなく「手のひらで優しく」を意識して洗ってください。

あらかた汚れが取り除けたら、2度目のシャンプーを行います。

 

3.2度目のシャンプー。

2度目のシャンプーの大きな役割は、「頭皮マッサージ」です。

手のひらでよく泡立てたら、頭皮全体になじませ、頭皮を頭のてっぺんに向かって持ち上げるようにマッサージします。

両手のひらのくぼみと、指の腹を使って、前後左右の頭皮を4〜5回ほど、ぐーっと押し上げてください。

マッサージが完了したら、しっかりとシャンプーの泡を流しましょう。
流し残しがあると、頭皮環境が悪化します。
多少時間をかけてでも、丁寧に洗い流すようにしてください。

 

 

4.お風呂上がりにドライヤーはNG!?オススメはタオルドライ!

「さっぱりしたぁ!よし、じゃあドライヤーで髪の毛乾かして…」

ちょっと待ったァァァァ!

お風呂上がりに髪の毛をドライヤーで乾かしたい気持ちはよくわかりますが、基本ドライヤーは利用しません!
理由は、熱風により頭皮がダメージを受けてしまうから

せっかくお風呂で頭皮環境を整えたのに、お風呂上がりのドライヤーでダメージを与えてしまってはもったいないですよね…。

とはいえ、中途半端に髪の毛が濡れたまま寝ると、やっぱり雑菌が繁殖してしまいます。

ということで、オススメは「タオルドライ」です。
清潔なタオルで「ぽんぽん」と頭を叩くようにして髪の毛を乾かします。

そのままタオルを髪に巻いておけば、20分ほどで十分乾くでしょう。

 

 

まとめ

今回のPoint
  1. 塩素除去カートリッジを利用したシャワーヘッドに変える。
  2. 透明なシャンプーを選択する。
  3. 3STEPでシャンプーをする。
  4. 風呂上がりはタオルドライ。

いかがだったでしょうか?

地味に見えるかもしれませんが、髪の毛は毎日洗うものなので、その洗い方は非常に大切です。
こういった小さな積み重ねが頭皮環境を改善し、発毛・育毛を促してくれます。

ちなみに今回ご紹介した内容は、ヘッドスパ専門店プーラ代表、辻敦哉さんの書かれている以下の本を参考にしています。

今回ご紹介した内容も体系的に、図や写真を使ってわかりやすく解説されているので、ぜひ1度読んで見ることをオススメしますよっ!!

コメント