自分の成長をどうやって確認するか。

未分類

何かに向かって努力していると、自分がどれぐらい成長しているのかわからなくなることよくある。

 

この自分の成長を確認することは実はとても大事で、成長が感じられないとモチベーションの低下に繋がるし、逆に自分では成長しているつもりになっているだけで、実は大して成長していない場合もある。

 

大事なことなのでもう一度言っておこう。
自分の成長度合いを定期的に確認することは、超大事なのである。

 

では、どうやって成長度合いを確認するのか。
結論から言うと、『縦と横で比較する』のである。

 

「縦の比較」とは、過去の自分と比べてどうかということ。
1年前の自分、半年前の自分、1ヶ月前の自分、1週間前の自分、そして昨日の自分、…
その自分と比べて何ができるようになっているか。
これが縦の比較である。

 

さらに、「横の比較」とは何かと言うと、ライバルを設定し、その人と自分との差異を比較するってこと。

 

この縦と横の比較のバランスが大事なんだけど、最初のうちはまず縦の比較を重視して行動するのがいいと思う。
僕なんかは特に、まだ自分に自信を持てていない人間なので、まずは過去の自分より少しでも成長をすることに全力を注ぎ、小さな成功体験を積み重ね、自信を持てるようになることが重要。
そして、自信が持てるようになったら、今度は横の比較も視野に入れる。
横の比較の狙いは慢心を防ぐこと、さらには成長速度をあげることが目的。
いくら過去の自分より成長してるからって、そこで満足したら成長は止まるし、自分が10できるようになったところを、同じ期間でライバルが100できるようになってたら、「それってもうちょっと頑張る余地があるんじゃないの?」って話になる。

 

だから、成長は縦と横の2軸で確認する必要があるのである。
僕のように、まだ自分に自信が持てないって言う人は、まずは一緒に過去の自分に勝つことに全力を注ごう。
最初はライバル設定なんかしなくていい。
とにかく昨日の自分の限界を超えて、昨日の自分に勝つこと。
そこに一生懸命になること。
それを継続していけば、自ずと自信がつくぐらいのレベルには成長するはずだ。
そこに達したら、自分のライバルを設定し、そいつに負けないように努力をしよう。

 

そして、当たり前だけど、成長するのはなんのために成長したいのかを把握しておくこと。
例えば、僕で言えば英語の勉強。
これ、いずれ世界中を巡って世界各国に友達を作りたいけど、今の英語力じゃコミュニケーションにすごく制限があるから、英語を勉強している。
そこで成長することは僕の夢の実現に繋がるから成長したいと思ってる。
目的があって初めて成長の必要性が生まれる。

 

まとめると…

1、なんのために成長したいのか明確にする。
2、縦軸比較で過去の自分に勝ち続ける。
3、ライバル設定して慢心を防ぎ、成長速度をあげる。
4、目的に到達する

 

とりあえず、スーパーサイヤ人になれるようになろっと♪

コメント