中途半端な結果しか出せなかった原因を本気で考えたら答えは一つだけだった。

未分類

本気でやってないだけ。

こんにちわ、メガネです。

  • あれこれやってみるけど、中途半端で終わってしまう。
  • 思うように結果が出せない。
  • 目標の達成の仕方がわからない。

こんな感覚になったことありませんか?

自分で言うのもなんですが、僕はあまり目標を達成した経験がありません。
正確なところを言うと、高校生以来からずーっと目標を達成した覚えがないです。

とりあえず何かやってみるけれど、途中で「あんまり僕には合わないな…」と感じてやめる。
当たり前かもしれませんが、次のチャレンジもほぼ同様の経過をたどります。

そしてほとんど何も得られないまま、ただ時間だけが過ぎていく…

そんなことを繰り返して気がつけば30歳です。
強烈な危機感を感じたいま、なぜ目標が未達におわっているのかを改めて真剣に考えてみました。

 

 

 

未達の原因はマインドにあり。

結論からいうと、目標が達成できない理由はひとつだけです。

「本気でやっていないだけ。」

これに尽きます。

目標が達成できた時とできなかった時とでどんな違いがあったかよーく考えてみました。
するとどう考えても原因は『マインド』しか考えられないのです。

 

目標を達成し続けた小学生の頃。

昔話になりますが、小学生の僕は目標を達成し続けていました。
具体的にいくつか例をあげてみます。

  • 剣道でなかなか勝てなかったライバルに勝利。
  • まったくできなかった竹馬を完全に乗りこなす。
  • 泳げなかったバタフライで25m泳ぎきる。
  • 塾の夏期講座でトップ5の成績

小学生なので目標のレベルは許してください。笑

ひとつ「剣道」の例をとって詳しくお伝えさせていただきます。

僕は2年生から6年生まで剣道を習っていたのですが、当時の僕にはなかなか勝てないライバルがいました。
剣道の試合は、個人戦と団体戦とに分かれます。
そのライバルとは個人戦の決勝でよくあたり、毎回僕が負けてました。
僕が銀メダル、彼が金メダル。

それがどうしても許せなくて、腹が立って、泣きたくなるほど悔しかったのです。
そこで当時の先生にお願いして、全員での練習が終わった後に個人で稽古をつけてもらいました。

全員での練習も決して楽ではありません。
へとへとになった体にムチ打って、「どうしてもライバルに勝ちたい!!」という思いだけで毎回居残り練習をしました。

さらに勝利を確実なものにできないかと考え、一回り重い竹刀を選び練習しました。
少しでも振りを速くするためです。

そうして半年ほど練習を繰り返し、迎えた試合当日。
僕はライバルへの勝利を手にしたのです。

本当に嬉しかった。

「絶対に勝ってやる!!」という思いだけを胸に頑張り続けましたから、その結果勝利をもぎ取り、自分に自信が持てました。

 

成功要因はなにか?

他の例も同じような感じで、なんで目標を達成できたのか考えてみました。
その結果出たのが、3つの共通する成功要因。

  • 極度の負けず嫌いだった。
  • できないという概念を知らなかった。
  • 全部やれる限り本気でやった。

当時の僕は「超」負けず嫌いでした。
人に負けるのが許せない。

特に自分の得意なこと、好きなことで負けるのは、もうなにがなんでも絶対イヤ!
なので、勝負事については負けないためにできる限りのことをぜんぶやりました。

さらに、「できない」という概念自体がそもそも頭の中になかった。
小学生なので、人生経験がなかったのがいい意味で活きました。

世の中にある挑戦というのは、やれば全部できるという前提しかなかったのです。
なので、できないことがあると、できるようになるまでやり続けました。

そしてもっとも大事なのが、全部「本気」だったということ。

小さいながらも試行錯誤して、やれるようになるためにやれることを全部本気で考えてやりまくりました。

 

 

 

大人になると目標が達成できなくなる原因。

大人になるにつれ、目標が達成できなくなるのは「諦める」ということを知ってしまうからでしょう。

大人になる過程では、数多くの失敗体験を繰り返します。
そして目標を達成できなくなったほとんどの人がこういう意識を持つのです。

「僕の限界はこんなもんなんだな…」

もはや、目標は達成できるものではなく、達成できない前提で立ててしまうようになります。
そこに「本気」なんていう気持ちが入るでしょうか。

本気じゃないので、また目標が未達に終わる。

そしてまた失敗体験を重ね、自信を無くし、目標達成できず全て中途半端で終わるようになってしまう。

これが目標達成できない人の本音の部分です。

 

 

 

本気でやろう!

あなたの限界はまだまだそんなものではありません。
今ある限界は、あなたが勝手に決めたものです。
本当の限界はずっとはるか先にあります。

なにか達成したい目標があるなら、まずはそれに本気になってください。
それ以外のことは一切やらなくていいです。
それだけに集中してやりまくってください。

知識・経験・スキル、そんなのは全部2の次、3の次、4の次です。

目標を達成できるかできないかの90%はマインドで決まります。
「本気」というマインドがあって初めて、知識・経験・スキルが活きてくるのです。

本気になりましょう。
そうすればあなたは必ず目標を達成できます。

本当のあなたの力を見せてください。
なんでもできるはずですよ。

 

コメント