トップ営業マンが教えてくれた、結果を出すために1番大切なこと。

未分類

 

「諦めないこと」

 

 

 

こんにちわ、メガネです。

 

今日は、

手に入れたいものがあるとき、
達成したい目標があるとき、
どうしても叶えたい夢があるとき、

それを実現するために必要なたったひとつのことをお伝えします。

 

 

 

 

トップ営業マンからの衝撃のひとこと。

僕は以前保険営業をしていました。

 

それまで営業経験などなく、どうすれば売上があがるのか必死でもがく日々。
どれだけ本を読んで色々試してみても、状況に改善の見込みなし。

 

毎日心身共にボロボロ。
朝早く仕事に出かけ、夜遅く帰ってきては泥のように眠る日々の繰り返し。
右も左もわからなくなり、迷路に迷い込んだような気分になっていました。

 

 

ある日、運の巡り合わせで、毎月営業成績トップ3に入るトップ営業マンとランチをする機会に恵まれます。

 

(なにかヒントが得られるかもしれない…!)

 

とにかく何か結果を出すためのヒントが欲しくて必死だった僕は、勇気を振り絞ってトップ営業マンに質問してみました。

 

「毎月のように結果を出されますが、何か気をつけているところがあれば教えていただけますか?」

 

そして、そのトップ営業マンが放ったひとこと。

 

「諦めないことだね。」

 

…おい、マジかこの人。
めちゃくちゃ精神論じゃねーか。

 

しかも、「諦めないこと」っておい。
俺が知りてーのはそんな答えじゃねーんだよ。

 

…!!
さてはあれか。
とっておきのテクニックは教えられねーからテキトーなこといって煙に巻くつもりだな?
そんなんじゃだまされねーぞ、おい。
もう一回きいてやる。

 

「あのー、結果を出すために毎月『諦めてないこと』を気をつけてらっしゃるんですか?
なにか『こういうスキルを身につけておいたほうがいい』とかはありますか?」

 

「いや、ないね。笑
そもそも僕スキルとかないから。笑」

 

おいw
嘘つくなw
スキルない奴がそんな毎月結果出せるわけねーだろw
もういい、あんたには聞かん。

 

…てっきり僕は、お客様をうまく納得させるためのなにかや、営業成績を上げるための独自のフローか何かがあるのだと思っていて、そのヒントを得られるとばかり考えていました。

 

にもかかわらず返ってきたのは答えは精神論。
正直当時の僕はがっかりしたことを覚えています。

 

しかし、あれから時が経ち、人生経験を重ねた今、結果を出すために大事だとわかったこと。
それは、「諦めないこと」でした。

 

 

 

 

結果が出るまで諦めなければ、イヤでも結果は出る。

「結果が出るまで諦めない」

そう決めたら結果は2つしかありません。

 

1、結果が出る。
2、結果が出るまでに死ぬ。

 

ノウハウやテクニックは確かに大事です。
それは、情熱、気合い、根性といった断固たる決意の上に成り立ちます。

 

そもそもの土台がなければ、ノウハウやテクニックは活かしようがありません。
結局、最後は精神論にもどってくるのです。

 

負けないこと
投げ出さないこと
逃げ出さないこと
信じ抜くこと
ダメになりそうなとき それが一番大事

by 大事MANブラザーズバンド 「それが大事」

 

なにかで結果を出したけりゃ、大事なのは、気合い、努力、根性。
今回伝えたかったのはそれだけです。

 

 

 

 

P.S.
保険会社は3年頑張っても並みぐらいにしかなれなかったので諦めました_| ̄|○

コメント