ベストよりもベター!「最短」で「最速」の成果を出すためのブログ術!

ブログ

こんにちわ、ゆーだい(@MusicmanOf)です。

ブログにおいて、最短で成果を出したいとき、常に意識すべきことがあります。
それは、“ベスト”ではなく、“ベター”を目指すこと。

僕自身、これまで何度も経験してきましたが、いきなりベストを目指そうとすると、かなり高確率で失敗します。

なぜベストを目指すと失敗するのか。
それは、「完璧を求めてしまうから」です。

 

ベストを目指すデメリット、継続できない。

「ベスト」を辞書で調べてみると、このように定義されています。

最上。最良。最優秀。また、そのもの。

引用:goo辞書

最上の成果を出そうと思うと、どうしても完璧を求めがちになります。

「完璧を目指すっていいことじゃん!何か問題ある?」

このように思われる方も多いかもしれませんが…
はい、問題大ありです。

完璧を目指すことには、「継続が難しい」という大きなデメリットがあるのです。

成果を出す上で、「継続すること」はもっとも重要です。
これは、スポーツ、仕事、勉強、あらゆる分野においていえます。

ヒカキンさん、ホリエモンも継続の重要性を説いています。

堀江貴文のQ&A vol.368〜継続が力に変わる!?〜

では、なぜ完璧を目指すと継続が難しくなるのか?
それは、ブログ記事を書くにあたって、こだわりを持とうと思えばいくらでもこだわれてしまうからです。

  • どんな内容を書くか?
  • どんな順番で書くか?
  • 書く内容についてどれだけ調べるか?
  • どんな見出しにするか?
  • ブログの見た目をどんな風にしようか?
  • どれぐらいの文字数にしようか?
  • ロジックをどう組み立てようか?
  • アイキャッチ画像をどうしようか?

どこまでやっても「やりきった」なんてことはありません。

これだけのことにこだわりを持つと、1つの記事を書き上げるのに、とんでもない労力がかかります。
労力がかかるということは、負担が大きいということ。

負担が大きいと、最終的には、「ブログ大変だから続けるの無理。もういいわ…」となります。

先ほどお伝えしたように、成果を出す上で大切なのは「継続」
途中でやめてしまっているので、成果が出るわけがありません。

これがベストを目指すデメリットであり、ほとんどの人が成果を出す前にブログをやめてしまう理由です。

 

 

ベターを目指すと、負担が劇的に下がり、継続しやすくなる!

ではベターを目指すとなにが変わるのか?
圧倒的に継続しやすくなります。

ベターを目指すとは、昨日の自分よりも少しでも成長すること。

たった1歩でもいいんです。
昨日書いたブログ記事よりも、少しでも成長していればそれでOK。

完璧よりも、少しでも成長し、とにかく継続することを優先する。
継続すれば、1日1歩でも1年間で365歩進めます。

「たった365歩じゃんw」

365歩を甘くみてはいけません。
多くの人は、1日1歩だって進めてないですからね。

  • 「今日は疲れたから、明日からやろう…」
  • 「忙しくて時間がないから、次の休みに…」
  • 「週末にやる予定だったけど、飲みに誘われたからまた来週…」

結果、1年経っても2年経ってもその場に停滞したまま。
これでは、なにひとつ現状が変わらないうちに年だけとって、「こんなはずじゃなかったのに…」と失意のうちに人生終わっちゃうでしょう。

完璧なんて目指さなくていいのです。
というか、そもそも「完璧」なんて存在しないんですよね。

すでにお伝えしたように、こだわりなんて持とうと思えばいくらでも持てますし、時間をかければいい記事がかけるかというとそういうわけでもありません。

100%のクオリティの記事を週1で書くより、60~80%のクオリティの記事を毎日書くほうが、早く成果がでます。

まずは、継続する。
継続しながら、修正を繰り返す。

これが、ブログにおいて「最短」かつ「最速」で結果を出すための秘訣です。
ベストよりもベターを目指しましょう。

コメント