だらだら生きているのは死んでないだけ。

未分類

今日は七夕ですね。
織姫と彦星が会える1年に1度の日。
まだ短冊書いてないから短冊書いとこっと。

 

『全世界の美女の価値観が狂って僕がイケメンに見えますように。by アラメガネ』

 

 

僕はなんとか自分の望む未来を実現したくて、数年前からずっともがいていますが、人生は全く変わっていません。
仕事に行って、仕事の前後はランニングしたり英語の勉強したり、お金の稼ぎ方について考えたり、休みの日も似たようなもの。疲れたらたまに温泉行って、疲れをとったりしたりするぐらい。
ここ何年間かを振り返ってみると、なぜか人生は変わっておらず、ずっと平行線を辿っている。

 

あまりの情けなさにハゲてきそうです。
(ハゲた時の言い訳を先に作っておこっと。)

 

おそらく、これはなにより、僕自身が「本気」になっていない証拠だと思います。
僕は望む未来を実現しようとしている「振り」をしているだけ…
認めたくはありませんが、これが僕の本当の心の内でしょう。
結果が出ていないことが何よりの証拠です。
僕は望む未来を実現するため、手段を選ばず貪欲に行動しているわけではないということです。
なるべくしんどくない手段を、なるべく失敗した時に自分が傷つかない手段を、なるべく苦痛を伴わない手段を、なるべく、なるべく、なるべく…

 

それを繰り返してきた結果が今現在の僕です。

 

結果を出す奴は、結果を出すことに貪欲で、本気で、あらゆる犠牲を厭わず、出すべくして結果を出しています。
まぁたまに天才型で簡単に結果を出しちゃうような奴もいるかもしれないけど…
僕は天才じゃないんで、努力と行動力・行動量で結果を出す必要があります。
それをしていない今の僕は、ただだらだら食べ物を食べ、呼吸をし、睡眠をとっている。
それは生きているというよりは、「死んでいないだけ」という表現の方が、僕の中ではしっくりくる。
目前の「苦痛」を避けて、「楽」を選び続けた結果、いつの間のにか歳を取り、振り返って本気で生きなかった人生に、「まぁ悪くはなかったかな」となんとか自分を納得させて死んでいく。

 

文字で書き起こすとよくわかりますね。
くっそつまらない人生だな、オイw
本気で生きた方が人生は楽しいよね。
細く長くではなく、短くても太く生きたい。

 

じゃーまたね。
アラメガネ。

コメント