主導権を握る。

未分類

Hello World^^

2ヶ月ほど前にプログラミングを学習に行ったのですが、
その際に気に入ったフレーズ『Hello World』。

僕らは同じように感じるけれど、
2度と来ない毎日を過ごしているわけで、
そんな毎日に『Hello World^^』と機嫌よくあいさつができたら
どんなに幸せな日々を迎えることができるだろうと思います。

毎朝言ってみようっと^^

 

『主導権を握る。』

 

「あなたは何ができますか?」
こう問いかけられた時に、明確に答えられる人がどれほどいるだろう。

就職するにしろ、自分で仕事をするにしろ、
自分にできること、つまり自分の武器が必ず必要になる。

武器と一言で言っても、種類は様々だ。
「プログラミングができること」であるかもしれないし、「絵がかけること」
「英語が話せること」、また「若さ」や「素直さ」、「真面目」といった性格だって武器になりうる。

更に言えば、同じ武器であっても、その中でレベルが存在する。
例えば、同じ「英語が話せる」という武器をもつ人でも、
「なんとかコミュニケーションが取れるレベル」というのと、
「ネイティブ並みに英会話ができる」というのでは、
ドラクエでいうホイミとベホマくらいレベルが違うわけだ。

まずは、自分の武器を持とう。
そしてその武器のレベルをあげよう。

更に、ここからがとても大事で、
その武器は人々に求められていることでなければならない。
人々に求められない武器を持っていても、
それは生き抜くための武器にはならない。
ただし、逆に言えば人々に求められさえすればいいわけで、
持っている武器をどう活かすかアイデアさえ見つけられれば、
それは、生き抜くための武器となるのである。
時代が変われば、人が求めることも変わる。

たとえば、「ゲームが上手い」というスキルは
一昔前には武器にならなかったとしても、
今はYouTubeでゲーム実況動画をあげたりとか、
プロのゲーマーとして活躍したりなど、現代では武器になりうる。

付け加えて、稀少性が高ければ、より強力な武器となる。
単に自分の武器のレベルを上げることも稀少性につながるが、
そもそもその武器を持つ人が少なければ、それ自体稀少性の高い武器となる。
稀少性の高い武器を持つことは、自分の市場価値を高める。
自分の市場価値が高まれば、なにかあったとしてもどうにでもできるという自信を持てる。
それはつまり、人生の主導権を握れるということ。

将来会社をクビになるんじゃないかとか、
年金がもらえないんじゃないかとか考えている暇があれば、
自分の武器をもつことを考えた方がいい。

……….うん。

あ、すいませーん!
どこかこの辺に武器屋さんないですかね?

コメント